動画ホスティングサービス

TOP
サービス
配信システム
導入例
料金
会社案内
フラダンスジョイフラ
(フラダンス教室動画広告)
ヘレヌイタヒチ
(タヒチアンコンテンツ)
AVM
(ハワイアン番組)
ディスカバリーチャンネル
(ショッピング番組)
マウナロアMMJ
(Eコマース)

インターメディア株式会社
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿
1-13-3-402
TEL 03-5475-3306
FAX 03-5474-3379
お問合せメール
担当:コウモト
配信システム(Freparnetworks inc. DigitalDataDAM TM )

従来型サーバと当システムの比較

  通信速度 ディスクスペース 耐障害性 バックアップ体制
従来のサービス ファイルサーバーに繋がる回線にアクセスが一極集中し、速度低下 物理的なスペースは限られるため、大容量のディスク領域を確保するのが困難 一カ所にサーバーが集中するため、そこに障害が発生すると全てのサービスが停止 バックアップのためのサーバーを確保するには、物理的なスペースが必要
Digital Data DAM 全国に散らばるF'シリーズ各筐体に対してアクセスが分散するため、速度低下は起こりにくい 全国に散らばるF'シリーズ各筐体の余剰リソースを利用し、大容量ディスクスペースを確保 個々のサーバが全国に散らばるため、局地的な災害にも安全 データは常時全国に散らばる複数のF'シリーズ筐体に複製される

*Digital Data DAMはフレパーネットワークス株式会社の商標です。

Digital Data DAMの負荷分散システムでは、データを保護するために冗長化を行います。“F'シリーズ”各筐体のディスクがRAID5で構成されているのに加え、複数台の筐体にデータを冗長化させることで、データの保護を行います。例え1台が失われたとしても、別の1台が補完するかたちで常に一定の冗長化が保たれるように設計されています。また、冗長化を行うことで通信速度についても平均的に高速になります。1台のマシンにしかデータが存在しないということが起こらないため、アクセスが1台のマシンに集中し極端にレスポンスが遅くなるということが起こらなくなります。
“F'シリーズ”各筐体は、主に地理的に離れた場所に設置されています。このことは、上の冗長化と合わせると、局所的な災害からデータを保護する上で非常に高い効果が見込めます。従来のデータセンター型の運用では、東京と大阪にそれぞれデータを置くことで、このような災害に対処できるように運用されてきましたが、これは非常にコストのかかる物となっていました。今後“F'シリーズ”を日本全国に設置していく計画もあり、それによってある程度広範囲な災害からもデータを守ることのできる可能性が出てきます。
日本全国地理的に離れた場所に、“F'シリーズ”を配置することで、各所にデータが分散され、一部地域の筐体が全てダウンしたとしても、他の地域の筐体が協調動作し、データの保護をする方向に働きます
Digital Data DAMでは、データの最大容量という概念はありません。従来のデータセンター等での運用ですと、ストレージの容量が固定されるため、あらかじめ見込めるデータ量を予想し、それにそってストレージの容量を設定する必要がありました。Digital Data DAMでは、“F'シリーズ”全体で一つのストレージと見なすことによって膨大なデータ領域が確保されており、今後も“F'シリーズ”を設置しネットワークで結線することで、単純に最大容量を増やしていくことができます。お客様に対してもそのメリットを反映し、データ領域の追加の要望に対してより柔軟に対応いたします。
Copy right 2007(C) InterMedia Co,.Ltd. all rights reserved.